2007年09月21日

【動画】欧州CLフェネルバチェがインテル破る ゴールシーン


人気blogランキングへ

以下ヤフーニュースより
「ジーコ監督大興奮!フェネルバチェがインテル破る…欧州CL」
 欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ第1節(19日、トルコ・イスタンブールほか)大会初采配となるジーコ前日本代表監督(54)率いるG組のフェネルバチェ(トルコ)がイタリア覇者インターミラノとホームで対戦し、1−0の大金星。E組では、2季前に優勝したバルセロナ(スペイン)がフランス代表FWティエリ・アンリ(30)が移籍後初ゴールを決めるなど、リヨン(フランス)に3−0で快勝した。

 勝利の瞬間、熱狂的なホームのファンの歓声を全身に受けたジーコ監督が、両手を突き上げて喜びを表現した。

 「チームの潜在能力の高さを示すことが重要だったし、選手はそのために全力を尽くしてくれた」。欧州CL初采配の指揮官は金星に興奮を隠せなかった。

 ジーコ監督自らが「G組の本命」と認めるインテルとの一戦だが、序盤から試合を支配したのはフェネルバチェ。細かいパスと豊富な運動量で攻撃の形を作る。前半43分には、左サイドを駆け上がった元ブラジル代表DFロベルト・カルロスのパスを受けたMFアレックスがエリア内で相手DFをかわし、ゴール前にクロスを上げる。最後はFWデイビッジがボレーシュート。鮮やかな決勝ゴールを決めた。

 後半もロベカルのポスト直撃シュートなど手を緩めない。守備でも前線からの早いプレスを仕掛けてインテルの強力攻撃陣を完封。シュート数はフェネルバチェの17本に対し、インテルは6本。ジーコ監督がもっとも警戒したというFWイブラヒモビッチをシュート2本に封じ、「(イブラヒモビッチに)まったく得点機会を与えなかった」と胸を張れば、ロベカルも「ジーコの指示に従い、勝利をつかみ取った」と笑みを浮かべた。

 就任1年目の昨季は国内リーグ優勝に導いたが、CLは予選敗退。連覇を狙う今季の国内リーグは2勝2分1敗と出遅れ。ジーコを慕ってスペインリーグ・Rマドリードから移籍したロベカルの不調もあり、監督解任騒動も起こるなど風当たりが強かった。だが大一番でその“まな弟子”が先制点を演出、完全復活を予感させた。

 「最高のチームが集まる欧州CLで成功したい。試合をする中で我々の力を証明したい」とジーコ監督。欧州最高峰の舞台に、イスタンブールからさわやかな旋風を巻き起こす。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000015-sanspo-spo


posted by ume at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。